スポンサーサイト

  • 2010.06.15 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


緑内障・高眼圧症治療剤の共同販促で契約―万有と参天(医療介護CBニュース)

 万有製薬と参天製薬は3月2日、万有製薬が製造販売承認を厚生労働省に申請している緑内障・高眼圧症治療剤ドルゾラミド塩酸塩/チモロールマレイン酸塩配合点眼液の国内での共同販売促進活動に関する契約を結んだと発表した。

 同点眼液は、眼球を満たし眼に必要な栄養分を運ぶ体液「房水」の産生を抑えることで眼圧を低下させる炭酸脱水酵素阻害剤ドルゾラミド塩酸塩1%と、β遮断剤チモロールマレイン酸塩0.5%を含有する配合点眼液。複数の点眼液を使用する場合、点眼のたびに5分程度の間隔を空ける必要があるが、配合することで点眼回数を減少させることが可能になった。また、眼圧を下げる効果も高まった。

 既に世界約90か国で販売されており、緑内障治療に使用される配合点眼液としては使用患者数が最も多い。国内では万有製薬が2008年6月に厚労省に承認申請。今年2月26日に開かれた薬事・食品衛生審議会医薬品第一部会で承認を了承されており、4月にも正式に承認される見通し。


【関連記事】
国内の視覚障害者数は164万人―日本眼科医会
「ドライアイは病気」対策を呼び掛け
日食観察で目に障害、報告13例
目の定期検査、「アラフォー世代」の受検率9.2%
緑内障、早期発見が失明を回避

ゴルフ場で土砂崩れ、作業員生き埋め(読売新聞)
弁護士の懲戒処分、最多76件…人数増要因?(読売新聞)
再起訴19回で異例の引き延ばし、時効が成立(読売新聞)
<静岡空港>日航福岡便、2月搭乗率17.2ポイント増 支援策「一部は効果」(毎日新聞)
<五輪フリースタイル>ベラルーシが初の金 男子(毎日新聞)

暴行2教諭を懲戒解雇=修学旅行で生徒大けが−法政高(時事通信)

 法政大学中学高等学校(東京都三鷹市、牛田守彦校長)の教諭2人が1月中旬、修学旅行中の高校2年の男子生徒に暴行を加え、2人に大けがを負わせた問題で、法政大は27日、教諭2人を懲戒解雇したと発表した。
 同大によると、2人は28歳と36歳の男性教諭。2教諭は北海道への修学旅行で、生徒が禁止されていた携帯ゲーム機などを持参したとして、宿泊先のホテルで殴るなどの暴行を加えた。
 同大はほかに、増田寿男総長や牛田校長ら5人を減給処分とした。 

【関連ニュース】
警視庁巡査長を書類送検=アイス5個万引き容疑
女子学生にキス、教授を減給処分=富山大
口座不正開設で減給処分=巡査部長が「へそくり用」
警視庁巡査長を逮捕=女高生を盗撮容疑
女性の後ろ姿100回以上盗撮=県警職員を減給処分

光GENJI元メンバー赤坂被告初公判 覚醒剤使用「間違いありません」(産経新聞)
仙谷大臣、学生時代の“窃盗”告白 薬局の「ケロちゃん」失敬(産経新聞)
<火災>住宅が全焼し2人が死亡 石川県輪島市で(毎日新聞)
夕張市 カジノ、産廃処分場…迷惑施設で起死回生?(毎日新聞)
鉄塔倒壊事故 関西電力を捜索 業務上過失致死傷容疑で(毎日新聞)

津波20センチ観測で一喜一憂 岩手・大船渡(産経新聞)

 20センチの津波を観測した岩手県大船渡市の漁港では、漁師らが海岸から5メートルほどの堤防上に集まり、心配そうに海面を見つめた。

 午後2時半ごろ、堤防の潮位計が動き始めると、「来た、来た」と不安な声。20分ほどの間に20センチ潮位が上がった後は徐々に下がり、「良かったな。(津波は)小さいぞ」などと安堵(あんど)の声に変わった。

 同市赤碕町の漁業者の70代男性は「昭和35年のチリ地震津波では、家が土台ごと流された。最近では防潮堤も整備されているので大丈夫だとは思うが心配で思わず来た。船は沖に逃げられるが、カキなどの養殖イカダがやられてしまう。このまま被害がでなければいいが…」と落ち着かない様子だった。

 別の50代男性は「市内には防潮水門が8カ所設置されているが、まだ工事中で抜けている個所がある。本当の大津波が来たら再び被害が出ないとはいえない」と話していた。

【関連記事】
宮城・気仙沼で推定50センチ、各地で続々津波観測
「今回は50年前より小さいが…」 避難住民に甦る記憶
ヨットも沖合に避難「チリ地震津波が教訓」 宮城・石巻
50年前に「九死に一生」経験 88歳の大津波避難民 岩手・大船渡
ストーブで寒さしのぐ避難住民「家屋が心配」 岩手・大船渡

キャバ嬢の基礎控除、出勤してない日も… 最高裁が審理を差し戻し(産経新聞)
流れの旅路
<大津波・津波警報>北海道根室市で30センチの津波観測(毎日新聞)
独自の企業税は適法 いすゞ敗訴、神奈川県が逆転勝訴 東京高裁判決(産経新聞)
<過労障害>2億4000万円で和解 鹿児島(毎日新聞)

党のあり方など話した…? 小沢氏との会談で鳩山首相(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は2日午後の衆院財務金融委員会で、直前に首相官邸で行った民主党の小沢一郎幹事長との会談の内容について「基本的には党のあり方や、内閣との意思の疎通のあり方を議論したということで理解してほしい」と述べ、詳細な説明を避けた。

 「政治とカネ」の問題をめぐる小沢氏の国会での説明責任については「(2月18日に)すでに電話で進言した。お互いにどのような立場で果たすかは別として、国民が説明責任を求めているならば、お互いに話していこうという内容だ」と語った。この日の会談では、野党が求める小沢氏の国会での説明責任については触れなかったとみられる。

 茂木敏充氏(自民)の質問に答えた。

【関連記事】
予算案、今夜衆院通過 年度内確実
首相「適当ではない」 小沢氏の胆沢ダム受注業者からの献金
首相と小沢氏、午後に会談 政治とカネ、介護制度改革もテーマに
民主・小林陣営 違法献金の疑い 北教組幹部ら4人逮捕
首相と小沢氏が2日に会談「政治とカネ」協議か
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

過去事件へ適用「憲法違反でない」=時効撤廃・延長で千葉法相(時事通信)
5月決着先送りも検討を=普天間移設「時間は二次的」−社民党首(時事通信)
「悪い自民党持って行った」森元首相が民主批判(読売新聞)
<プルサーマル計画>伊方原発3号機で送電開始へ(毎日新聞)
診療に従事する大学院生、雇用契約なしが38.1%(医療介護CBニュース)

関西テレビ制作・月曜夜10時枠の連続ドラマ

この項では、1986年から1996年にかけて関西テレビ放送が制作し、フジテレビ系列(FNS系列)で毎週月曜日の22:00?22:54に放送されていたテレビドラマの枠について記す。概要1985年10月に、フジテレビ系列では月曜22時のバラエティ番組枠(『三枝の愛ラブ!爆笑クリニック』)と火曜22時のドラマ枠(『影の軍団IV』)との交換が行われた。このとき月曜22時に移行した『影の軍団IV』は『影の軍団・幕末編』と改題した上で同年末まで放送された。翌1986年1月からはこの月曜22時枠を『月曜サスペンスシリーズ』と称し、1クールごとにテーマタイトルを制定して1話完結形式のサスペンスドラマを放送していた。但し、1991年10月?12月の『ホテルウーマン』(沢口靖子主演)と1992年10月?12月の『ウーマンドリーム』(裕木奈江主演)は連続モノである。製作会社も東映、松竹、東宝、テレビマンユニオン、Gカンパニー等作品によって異なっていたが、数本に1本は関西テレビ完全自社製作で放送された。1994年4月の『白の条件』から2?3ヶ月ごとの連続モノとなる。しかし、ほとんどの作品が視聴率争いで他局に負けていたため、「フジテレビのお荷物」とまで呼ばれるようになっていた。さらに、末期には同じ在阪局の讀賣テレビ放送が同時間帯に連続ドラマを制作するようになったため、この月曜22時のドラマ枠は1996年3月をもって火曜22時に移動し、空いた月曜22時枠は『SMAP×SMAP』に割り当てられた。もともと、枠移動前における福井テレビでのこの枠の取り扱いは1日遅れの火曜22:00?22:54で時差ネットを行っていたため、このドラマの火曜22時への枠移動後は放送日時を変えないままでの同時ネットを実現させている(もちろん、これと同時にスポンサーもローカルから全国共通に改めている)。作品紹介ここでは1986年1月以降に放送された作品を紹介する。1986年夏樹静子サスペンス(1月6日?4月28日) (※冒頭、夏樹静子インタビューが入る回あり)松本清張サスペンス(5月5日?6月23日)現代怪奇サスペンス(7月7日?9月29日) 狙われたジョギング(7月7日) 星野知子怖い贈り物(7月14日)裸で殺そう(7月21日) 小川真由美、矢崎滋背を見せた女!(7月28日)突然の訪問者(8月4日)蜘蛛(8月11日) 山

次回介護報酬改定で保険料上昇を示唆―山井政務官(医療介護CBニュース)
恐喝容疑で再逮捕=女性と子供連れ回しで逮捕の男−広島県警(時事通信)
<北九州市>釜山と門司間、5月に新フェリー就航(毎日新聞)
コシヒカリ超えろ…新潟県、新品種を石垣島で栽培(読売新聞)
首相動静(1月31日)(時事通信)

被害者支援のあり方研修=児童ポルノで初めて−警察庁(時事通信)

 児童ポルノの被害が過去最悪を更新し続ける中、警察庁は25日、全国の警察で被害児童の支援を担当する責任者を集め、研修会を開いた。児童ポルノに特化した研修は初めて。具体事例の情報交換や専門家の講演などを通じ、支援のあり方を探る。
 警察は現在も病院への付き添いや転居の相談、親への助言といった支援を行っているが、二次被害の防止など精神面のケアは各都道府県警とも手探りの状態だ。年少の被害児童は特にショックも大きく、親が関与している場合もあるなど対応が難しいという。
 警察庁は、担当者が一人で問題を抱え込まず、児童相談所や民間の支援団体、専門家と連携して効果的な活動を行うことなどを指示する。 

【関連ニュース】
児童買春で外科医長ら逮捕=「性欲満たすため」
児童ポルノ、過去最悪=ネット利用の摘発が倍増
勤務先園児にわいせつ行為、撮影=元保育士を再逮捕
中国で児童ポルノ撮影、逮捕=年齢鑑定し少女と特定
長女傷害容疑、継母を逮捕=11月に死亡、日常的に虐待か

<交通違反>同僚妻見逃し 署課長ら8人送検 2人は停職(毎日新聞)
山内議員元秘書を逮捕 立場悪用、金策に奔走(産経新聞)
全面禁煙は「今月通知」=閣議後会見で長妻厚労相(時事通信)
バンクーバー五輪 スピード競技ウエア 下着透けてる?(毎日新聞)
暴行2教諭を懲戒解雇=修学旅行で生徒大けが−法政高(時事通信)

「九州新幹線博多駅」ホーム、3月31日お披露目(産経新聞)

 JR西日本福岡支社は、九州新幹線の全線開業に合わせて増設工事を進めている博多駅(福岡市博多区)の新幹線ホームを3月31日から暫定使用すると発表した。来春以降は鹿児島中央−新大阪を結ぶ九州新幹線「さくら」も停車するホームが、まずは「のぞみ」や「ひかり」のホームとしてお披露目される。

 博多駅では、JR九州が整備する駅ビルとは別に、鉄道建設・運輸施設整備支援機構がホーム1面を増設中。新幹線のホームは現在の2面と合わせて3面、11〜16番線となる。

 増設ホームの暫定使用はレールやポイントの整備に伴い現在の14番乗り場が閉鎖されることに伴う。期間は約3カ月の見通し。

【関連記事】
2度目の新婚旅行は“乗り鉄”で 計88歳以上の夫婦限定「パス」
温泉に匹敵する観光資源を 大分で初の旅行サミット
つながる青森〜鹿児島 3月に九州新幹線レール連結
JR九州が九州新幹線の駅名発表 博多〜熊本間
鉄をつかめ! JR九州がブルトレ復活に車両基地ツアー、車内音楽CDも

<民主党>「七奉行」長崎知事選敗北で発言(毎日新聞)
普天間陸上案「正式打診せず」=鳩山首相(時事通信)
生徒の父に差別文書=高校教諭を逮捕−福岡県警(時事通信)
【ゆうゆうLife】診療報酬22年度改定 手術料引き上げ 病院収入底上げ(産経新聞)
「親族4人死亡」休み不正取得し弔慰金詐取、陸自尉官を停職(産経新聞)

トーゴ、SS船籍剥奪(産経新聞)

 岡田克也外相は19日の記者会見で、南極海で日本の調査捕鯨船に妨害行為を行った環境保護を標榜(ひょうぼう)する団体「シー・シェパード(SS)」の抗議船、ボブ・バーカー号について、旗国であるトーゴ政府が船籍を剥奪(はくだつ)したことを明らかにした。日本政府がトーゴ政府にしかるべき措置を取るよう要請していたもので、これにより旗国の同意手続きなしに同船を公海上で臨検することが可能となる。

 岡田氏は、SSの母船、スティーブ・アーウィン号についても船籍剥奪に向け、船籍国のオランダ政府が法改正を進めていると説明した。

 また、岡田氏は在京ニュージーランド大使館の領事が18日夜に外務省を訪れ、日本の調査捕鯨船「第2昭南丸」に侵入し、同船に拘束されたSSメンバーと電話で話したことを明らかにした。メンバーは個室を与えられ、健康状態も良好で、同船に乗ったまま日本に移送されることを望んでいるという。

危機管理上問題ない=秘密裏の大阪訪問−平野官房長官(時事通信)
小林氏の参考人招致を=自民・浜田氏(時事通信)
<金元死刑囚>めぐみさんに「会った」と証言 日本政府に(毎日新聞)
国公立大の倍率上昇、4・9倍に 不況の影響か(産経新聞)
小林議員側「裏金」疑惑 組織的癒着にメス 「火のないところに煙は立たない」(産経新聞)

産後ケアの運動体験=都内を視察−鳩山首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は20日、公共サービスを市民や企業が担う「新しい公共」の推進に向け、都内3カ所を視察した。最初に訪れた三鷹市の小学校では、菅直人副総理兼財務相と仙谷由人国家戦略担当相とともに、地元のコーラスグループに飛び入り参加し、童謡「春の小川」などを合唱。次の池上駅前通り商店会では、パトロール隊に加わり、チラシを配り防犯を呼びかけた。
 最後に訪れた自由が丘住区センターでは、産後女性のケアに当たるNPO法人の活動を視察。赤ちゃんを抱いた女性に「こんにちは」などとあいさつした首相は、大きなゴムボールに背中から乗って腹筋を鍛える運動を体験した。視察を終えた首相は記者団に「女性のパワーを発揮させていくことが新しい公共につながる」と述べた。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%〜
【特集】話題騒然 ファーストレディー
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
ポスト鳩山を狙う"ラグビーボール"原口総務相

<仙谷国家戦略相>事務次官廃止、引き続き検討(毎日新聞)
手錠外して1分後、逃走男逮捕…締め方緩かった(読売新聞)
絵本画家の瀬川康男氏死去(時事通信)
「デジアナ変換」導入を要請=CATV各社に−総務省(時事通信)
母親に暴行、死亡させる=殺人未遂容疑で58歳男逮捕−警視庁(時事通信)

平成22年2月22日、南海電鉄が記念入場券(読売新聞)

 日付に2が五つ並ぶ「平成22年2月22日」にちなみ、南海電鉄は「2」づくしの記念入場券を、大阪市中央区の難波駅サービスセンターで3月12日まで販売している。

 駅名に「2」が付く二色浜(大阪府貝塚市)、二里ヶ浜(和歌山市)両駅の入場券と、日付を大書した記念台紙をセットにした。1セット300円で、限定2222セットを販売する。

 22日は、両駅で記念台紙にスタンプを押して同センターに持参した先着22人にオリジナルグッズを贈る行事もあり、朝から鉄道ファンらが詰めかけた。南海電鉄担当者は「二度とないチャンスを逃さないで」。

米子自動車道で正面衝突=3人死亡、4人けが−鳥取(時事通信)
個所付け問題 小沢氏「あれはまずい」(産経新聞)
小坂、佐藤ゆかり氏公認へ=参院比例代表で自民(時事通信)
首相動静(2月17日)(時事通信)
護送中、被疑者自宅に立ち寄り…警官2人処分(読売新聞)

calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
リンク
クレジットカード現金化
ネットビジネス
即日現金化
出会いランキング
現金化
競馬サイト
selected entries
archives
recent comment
  • <インドネシア>看護師ら115人 日本派遣へ研修開講式(毎日新聞)
    みっくみく (08/27)
  • <インドネシア>看護師ら115人 日本派遣へ研修開講式(毎日新聞)
    岡村 (05/16)
  • <インドネシア>看護師ら115人 日本派遣へ研修開講式(毎日新聞)
    リンデル (01/14)
  • <インドネシア>看護師ら115人 日本派遣へ研修開講式(毎日新聞)
    ガトリング白銀 (01/09)
  • <インドネシア>看護師ら115人 日本派遣へ研修開講式(毎日新聞)
    ソルバルウ (01/02)
  • <インドネシア>看護師ら115人 日本派遣へ研修開講式(毎日新聞)
    玉木よしひさ (12/28)
  • <インドネシア>看護師ら115人 日本派遣へ研修開講式(毎日新聞)
    こういち (12/24)
  • <インドネシア>看護師ら115人 日本派遣へ研修開講式(毎日新聞)
    ポリエモン (12/19)
  • <インドネシア>看護師ら115人 日本派遣へ研修開講式(毎日新聞)
    モグモグ (12/18)
  • <インドネシア>看護師ら115人 日本派遣へ研修開講式(毎日新聞)
    俊之 (12/05)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM